« 夢中になれること | トップページ | 我が家のアイドル »

2006年2月20日 (月)

単騎、千里を走る

久しぶりに映画を見てきました。夫(ラッセルくん)と一緒に映画を見るのはちょうど2年前の「解夏」以来。最近は、ほとんどビデオでの鑑賞が多く、映画館に足を運ぶ機会は滅多にないのです。でもたまにはストレス解消、なんか贅沢に時間を使ってみたくて、何の記念日でもないのですが、出かけることにしました。それにしても、ちびちゃんの面倒みてくれるお姉ちゃん達の協力あってのこと。子供に感謝です。さあ~、何をみるか。私としては久々の映画で思いっきり泣きたくて、「博士の愛した数式」が見たかったのですが、ラッセルくんはアクションものがお好きなので、(それも飛行機が落っこちそうになったり、ドッカ~ンて爆発したりするやつ)どうも意見があわない。上映時間の関係もあり、「単騎、千里を走る」http://www.tanki-senri.com/にようやく統一できました。封切られて一ヶ月近くになるからか場内はたったの14人。私たちの他に、ご夫婦は4組、50代2組、60代と70代が1組ずつ。そしてお若い方が4人。(女の方2人組、一人ずつの男女)かくして映画がはじまり、さすがに健さんの存在感が大きく、すばらしい映画でした。子を思う親の気持ちが切なく、昨年亡くなった父を思い出し、健さんに父の姿を重ねてしまった。涙が止まりませんでした。きっと映画好きだった父のこと、あの70代の老夫婦と同じように母と一緒に、この映画を見たかっただろうな~そして出不精の父が退職後、母と二人最初で最後の海外旅行に出かけたのも中国。歴史の好きな父は中国の歴史も詳しかった。そんなことを思いながら、私は父が亡くなって以来の涙を流したように思います。映画が終わって、「私は星4つだったな~」と言えばラッセルくんは星3.5だそうで、どうも昨年の半日暴動のイメージ回復をはかっているようなとか。健さんのためだけに作られた映画だとか。ドキュメンタリー調だったとか疑問点もあったそうで、私よりは評価が低い。まあそんなことはどうでもいいのだけれど帰って、いろいろなブログでの感想を見てびっくり。やっぱり、いろいろ評価は分かれているのでした。私の疑問だった何故、漁師の健さんが、やたらビデオの撮影やデジカメの操作に手慣れているのか?ということは原作を読めばわかるそうなので、遅ればせながらこれから読んでみることにします。でもやっぱり映画っていいですね~。映画を見に行けたことに感謝なのです。

|

« 夢中になれること | トップページ | 我が家のアイドル »

コメント

彼と映画ですかぁ、いいですね。
映画はけっこう好きです、といっても、
もっぱらTUTAYAのレンタルですが。
違法コピーがベッドの下に100本以上ありますよ。
映画は観るというより、コピーするために
レンタルしているようなもので、よく観てないのがほとんどです。
でも、何回も観てしまった映画は、
ペッドミドラーのフォーエバーフレンズかな。
なんか好きな映画なんです。

投稿: △イチおじさん | 2006年2月20日 (月) 01時35分

なおさん、こんばんは~!

「単騎、千里を走る」NHKで、撮影風景を少しだけ、見ました。
ご主人とご一緒…いいですねぇ。ひゅーひゅー!!
すばらしい映画だったんですね…なおさんのお話を読ませていただき、見たくなりました。
「有頂天ホテル」を見に行った平日の朝、シネコンに人が多くて驚いてると、みなさん「単騎…」のお客さんでした。

ラッセルさん…お名前の由来は、どなたでしょうか?

投稿: さつき | 2006年2月20日 (月) 01時55分

わたしの友達が”解夏”で出てくる病気です。最初は病名聞いてませんでしたがそれを見て症状でわたしが気がつきました。

投稿: バツイチ女のひとり言 | 2006年2月20日 (月) 03時32分

なおさん、おはようございます。

あ!!
旦那さん「ラッセルくん」と命名ですか?
もしや、ラッセル・クロウのラッセル?
それともラッセル車のラッセル??
なんだか、かっこいいじゃないですか!!
「はろかぼ」「マナティー」とはちがーう!!(笑)

ご夫婦で映画なんていいですね~。
うちは、二人だけで映画って、いつが最後でしょうか・・・。
健さんの映画でお父様を思い出されたとのこと・・・。いろんな想いがあっての鑑賞だったんですね。感想は人それぞれですから、映画の良し悪しは一言では言えないでしょうけど、なおさんにとっては観る意味のあった、いい作品だったんだろうな~と思います。
そういう感情も、これから先、きっと印象深い映画の一つだったと言える理由の一つですもんね。
映画館で映画を観るって贅沢な時間ですよね。ラッセルくんも久々になおさん独占でデートができて嬉しかったでしょうね~~。うふふ。

投稿: wビンゴ | 2006年2月20日 (月) 09時17分

△イチおじさんへ
たまには彼氏とデートも良いものでした。
△イチおじさんも彼女とデートいかが?
それにしても
>違法コピーがベッドの下に100本以上ありますよ。
すご~い。私もネットで調べてやり方わかったのだけれど、まだあんまりやってません。見る方が追いつかないので。(CDの時は200枚以上撮りましたよ。)今度はおすすめのペッドミドラーのフォーエバーフレンズ見てみようと思います。

投稿: なお | 2006年2月20日 (月) 23時54分

さつきさんへ
単騎、とってもよかったです。実は映画行きたいな~って思ったのはさつきさんのブログを読んだから、映画館で見るのはよいですよね~。それから「ラッセルくん」はwビンゴさんがピンポ~ンでした。似ても似つかないので、ちょっと無理やり(笑)

投稿: なお | 2006年2月20日 (月) 23時59分

バツイチさんへ
「ベーチェット病」難しい病気です。目が見えなくなる恐怖。想像もつかないことですよね。
でも見えなくなった時、彼らにあるのは絶望では無いのです。逞しく、それからの人生を切り開こうとしている方達をたくさん見てきました。(前任校は盲学校でした。)
どうかバツイチさんもお友達の力になってあげて下さい。

投稿: なお | 2006年2月21日 (火) 00時15分

wビンゴさんへ
ピンポーン正解なのです。私ハリウッドスターの中では「ラッセル・クロウ」が、一番好きなのです。ワイルドでセクシーで声も低くて、ちょっと悪くて、あ~なんか全然似ても似つかないのに、願望だけで付けてしまった。ラッセル様に申し訳ないです。でも、「ラッセル車」なら当たってる。私と違って仕事は早いし、雪かき分けかき分け進むイメージはまさにまさに…、そう、そっちからいただいたことにしておきます。

投稿: なお | 2006年2月21日 (火) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40726/767559

この記事へのトラックバック一覧です: 単騎、千里を走る:

« 夢中になれること | トップページ | 我が家のアイドル »