« ふわっふわ~のパーマです。 | トップページ | 自分についてバトン »

2006年3月10日 (金)

アボリジニのカレンダー

昨年の夏休み、長女と二人で初めて旅行をした。その前の一年間、父やモモの入院が重なりながら、頑張った私へのご褒美。そして、保育園に行くとすぐに病気を繰り返し入院してしまうモモのため、夜学の保育科を選び、昼間ベビーシッターをしてくれている長女へのご褒美。家族は寛大にも私たち二人を送り出してくれた。行き先はオーストラリアのシドニー。、もちろん、初めての海外旅行。出かけた私たちはよいけれど、残された家族はたいへんだったと思う。中2の娘と高2の長男が当番制でモモの面倒をみた。「一番何にもしなかったのは、お父さんだよ。」と子供達に言われ、苦笑い。下の子供達は長女に一目おいている。彼女が自分で選んだ道は、そう簡単にマネできることでもないし、たいへんさもわかっているからだと思う。だから、「行ってきな。」って、二人を送り出してくれたのだ。

私がもう仕事は続けられないと思ったことは何度もある。モモのため、いっそやめてしまっても仕方ないと思っていた。けれど、それが我が家にとってどれだけ、たいへんなことかみんな分かっていたので何も言えなかった。子供達は大きくなってきている、これから大学へと向かうのに、どれだけお金がかかるのか?家のローンだってある。お父さん一人に背負わせてしまうには、大きすぎるって。長女は高校生の時から、モモの面倒を見てきた。Dscf4048 学校の帰り、制服のまま保育園にいき、ベビーカーを押して家に帰る。少しでも保育園にいる時間が短い方が、モモの負担にならないからだった。彼女は保育園では有名なえらい、しっかりしたお姉ちゃんだった。そう褒められることも嬉しかったのだと思う。実のところ下の二人に比べるとお勉強はイマイチ。そこには劣等感があったかも。でも彼女は自分の進路を見つけた。等身大で働く保母さんを見るうちに、保育士になりたいと。父親は「商業高校に行ったのだから就職しろ。」なんて言っていたものだから、彼女は「自分が大学に行く代わりに妹の面倒を見る」と言い出したのだ。そうすれば母はやめなくていいのだと。かくして、本当に保育科の夜学に入り、昼間は妹の面倒を見て、夜学校に通って一年になる。「私が働いていられるのも長女のお陰」だと、私は胸を張って自慢している。だって誰にでもできることではないから…。

 そうして、出かけたシドニーの街は本当にきれいだった。おみやげに買った、アボリジニのカレンダーを見るたび、いつも思うのです。

|

« ふわっふわ~のパーマです。 | トップページ | 自分についてバトン »

コメント

綺麗なカレンダーですね。

うちの子供は魚マニア・ピクサーマニアだから、「ファインディング・ニモ」を繰り返し見てます。
「ニモ」で、ウミガメの群れが「EAT」(東オーストラリア海流??)に乗ってるのを、思い出しました。

日ごろ、とても頑張っているなおさんとお嬢さん。
ご家族からの暖かいプレゼント…とても素敵な思い出ですね。

本当に、いいお嬢さんですね。
「誰にもできることではない」
まさに、そう思います。
ご旅行に快く送り出してくれた…それだけで、日ごろの頑張りが感じられました。

そして、お姉さんを尊敬している弟さん・妹さん達…。
ご両親やお姉さんの背中を見て、きっと優しいお子さんたちなんでしょうね。

障がいを持つ子と、きょうだい児について。
我が家も、ただいろんな場所に連れまわして気の毒だった時期から、
そろそろ妹の心について、考えてあげなくてはいけない頃になりました。
例えば、友達が家に来た時…。
兄の言った言葉に、友達がマネして笑った時(まだ小さいので、悪意はない笑いですが)。
私もしっかり考えていこうと思います。

投稿: さつき | 2006年3月11日 (土) 02時53分

わたしも自分のための”もうひとつの人生”はいりません。好き勝手に生きてきて悔いはありませんから・・かぁさんにあげたい。”もうひとつの人生”

投稿: バツイチ女のひとり言 | 2006年3月11日 (土) 03時23分

コメントいつもありがとうございます。
耳をそばだてて、いろいろブログを見ていきたいと思います。
ご褒美旅行ですか、いいな、私にはだれもご褒美くれません。シクシク

投稿: △イチおじさん | 2006年3月11日 (土) 06時41分

なおさん、おはようございます。
素敵なお話ですね。
自慢の家族ですね。
「育てたように子は育つ」っていいますから
きっとなおさんやご主人の人徳によるものなんでしょうね。
ももちゃんもみんなに見守られてスクスク育っていくことと思います。

投稿: こぱん | 2006年3月11日 (土) 07時09分

なおさん、おはようございます。

とってもいいお姉ちゃんですね。
私も施設で働きたくて保育士の勉強ができる専門学校に通いました。でも、その学校は短大のように卒業すれば資格が取れるという学校ではなかったので、国家試験を受けたんですよ。
8科目を3年間内で合格すれば良いというシステムでしたが、今でもそうなのかな??
だから、挫折する同級生も多かった・・・。

自分の信念をもって目標を掲げるお姉ちゃんなら、きっと道は開けると思います。
将来の夢や職種が定まらずただふわふわと学生生活を送る若者が多い中で、お姉ちゃんが進路を定めて、一生懸命頑張る姿に私はエールを送りたいと思います。

カレンダー可愛いですねぇ。
3月はカメさんなんですね。紫の色合いがとてもステキ!!
オーストラリアは(も)行ったことないですぅ。コアラちゃん抱っこしましたか??

投稿: wビンゴ | 2006年3月11日 (土) 08時25分

なおさんへ
ほんとうに素敵な家族ですね。
これからも何があろうときっと家族で力を合わせて乗り越えていけますね♪改めて家族っていいおんだなぁ。って思いました。

投稿: yuka | 2006年3月11日 (土) 11時52分

いやいや、
オイラは髪はネコッ毛なんで
そんなことありません(泣)
姉歯と比較だけはしないでくださ~い
 
アボリジニーと会ってきました?
彼らも観光産業で忙しく
本来の生活スタイルから
随分現代的になったらしいんですが
本当ですか?

投稿: たいが | 2006年3月11日 (土) 13時02分

素晴らしい娘さんですね。
こういう風に考えられるお子さんに育てたことを本当に胸をはって誇りにしてくださいっ!
私も今のところ長男は自慢の息子です♪(我が辞書に謙遜の文字は無い!)体当たりで育ててきたから~。
でもちょっと次男ちゃんがねえ・・。でもこれからこれから!^^

ステキなお話しですごく色々考えさせられました・・・。ありがとうございます。

投稿: うかっちょ | 2006年3月11日 (土) 21時10分

家族同士で認め合うって素敵なことですね。

投稿: バツイチ女のひとり言 | 2006年3月11日 (土) 22時01分

バツイチさん
そうですね~。いろいろ負担をかけているけど、
気持ちは育っているな~と思います。
子供達に感謝です。

投稿: なお→バツイチさん | 2006年3月12日 (日) 01時51分

△イチおじさんへ
私、自分にご褒美大好きです。
△イチおじさんも自分にご褒美は?
ところで、どんなご褒美がいいのだろう?

投稿: なお→△イチおじさん | 2006年3月12日 (日) 01時53分

wビンゴさんへ
暖かいコメント、ありがとうございます。
いつもwビンゴさんのコメント励まさて、嬉しいです。
wビンゴさんもがんばりやだったのですね~。
長女は自分が家族のために何かできることで、
自分の価値観を見いだしてくれました。
それは、「勉強ができるってことより、
すばらしいと思う」と本人にも話しています。

コアラ、ダッコはできなかったのですが、
一緒に写真を撮りました。かわいかったです~。

投稿: なお→wビンゴさん | 2006年3月12日 (日) 02時06分

こぱんさんへ
「育てたように子は育つ」って言ってもらって嬉しいです。
無我夢中できた分、子育ても手抜きだったかもしれません。
ただ、たいへんだったこと見てきたことは、子供達を、大人にしてくれたと思うし、思いやりの心が育ったように思います。
だから「人生に無駄はない」のですね~

投稿: なお→こぱんさん | 2006年3月12日 (日) 02時13分

yukaさんへ
ありがとうございます。そう言っていただけて嬉しいです。
たいへんだった分一致団結してるかもしれません。
これからもがんばります。

投稿: なお→yukaさん | 2006年3月12日 (日) 02時17分

たいがさんへ、
猫っ毛なんですか?姉歯は本当はどんななんだろう?
アボリジニには、会えませんでした。でもアボリジニアートがすっかり気に入ってしまいましたよ。迫力あって、色がきれいで素敵でしょう!

投稿: なお→たいがさん | 2006年3月12日 (日) 02時25分

うかっちょさんへ
嬉しいコメントありがとうございます。
うかっちょさんも自慢の息子って、とってもいいと思います。
子供ってやっぱり、
褒められたいって思っていますものね。
次男さんもこれからがたのしみ~ですね。

投稿: なお→うかっちょさん | 2006年3月12日 (日) 02時35分

■なおさん
ステキな娘さんですね。
そしてあったかいご家族だな~と思いました。
こうやってみんなで支えあってるっていうの、ちょっと憧れちゃいますね。

私は子供を産むコトがあるかどうかは?ですけど、なおさんとこみたいなステキな家族っていいなあって思いますよん。

それからカレンダーもステキですね。
凄いデザイン!色使い!
見入っちゃいました(^^

投稿: RAU | 2006年3月12日 (日) 13時31分

RAUさんへ
家族っていいものだと、思います。私はホント家族にささえられてる。しみじみ。
それからアボリジニの絵素敵でしょう。美術館に行ったのですが、もうホントに素敵で、帰ってからもズーとアボリジニアートに夢中でした。といっても私は描ける訳じゃないので見る方ですが…。色彩感覚がものすごくいいので、RAUさんも絵を描かれる方だから、きっと気に入ると思いますよ。

投稿: なお→RAUさん | 2006年3月13日 (月) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40726/989843

この記事へのトラックバック一覧です: アボリジニのカレンダー:

« ふわっふわ~のパーマです。 | トップページ | 自分についてバトン »