« 旅行のパンフレット | トップページ | 大好きな詩 »

2006年5月 3日 (水)

I love ミッキー

我が家は7人家族、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんと同居している訳ではないので、両親と子ども達。このブログを始めた時、wビンゴさんに聞かれて、、4人て答えてしまいましたが、実はもう一人、長女と長男の間に娘がいます。それがミッキー。(ミッキーマウスが大好きだから…)まだ一回もブログに登場していませんでした。あまりに子どもが多いことにドン引きされてしまうのでは…という思いと、何もかも本当のことを書いてしまって、後で後悔することにならないかな~っていう恐れもあって、2番目の娘、ミッキーのことは書きませんでした。でもそのことがずっと気になっていました。、そして一番親思い、家族思いの優しいミッキーのいいところもたくさんあるのに、ミッキーをいないことにしている自分に耐えられなくなったからです。

ミッキーはとても素直で優しい娘です。生まれて一ヶ月で先天性の心臓疾患があることがわかり、発育発達ともに遅く、いろいろ心配しました。2歳ではっきりとしたことがわかりました。「ウイリアム症候群」と言う、聞いたこともない病名でした。その頃、私は、養護学校の教員をしていたのですが、そういう病名の子どもを見たことも、聞いたこともありませんでした。いろいろ調べてみると、知的な遅れがあると言うことがわかり、それが一番のショックでした。発育発達が遅いと言うことで、「何かある」と、ある程度覚悟はしていたものの自分の子どもに知的障害があるとわかったことは、何よりも辛いことでした。その後、私は転勤希望を出し、養護学校から離れました。先生方が親のことを悪く言っていたりすると、まるで自分が言われているようで、とても嫌だったし、「自分もそういう子どもがいるから、お母さん達と同じ気持ちよ」、と言えるほど強くなかった。そして、いつも教員としての私より、親としての意識の方が強くなり、養護学校の子どもを見ているのが辛くなったからでした。

ミッキーは小学校の6年間を、地元の小学校の普通学級で過ごしました。もちろん勉強はお客さまでしたが、みんなの中にいることが大好きで、お友達や、先生に恵まれたからです。特に5.6年時の先生はすばらしかった。「この子は普通学級で勉強はついて行けないけど、この子がいることはみんなのためになるし、私に任せて下さい」と…。本当にその言葉どおりの通りの2年間でした。卒業式は涙、涙でした。今でも、街でお友達と会うと、「ミッキー」って、声をかけてくれます。その後中学は特殊学級で過ごし、高校は隣県の私立の養護学校に(寮に入って)行っています。小学校の卒業式に、同じ学年の方全員にお礼とともに、配った手紙があります。

6年生の保護者の皆様へ

六年前の四月、この子が本当に普通学級でいいのだろうかと言うたくさんの不安をを抱えながらも、駄目だったら特殊学級に移ろうという思いで、○○小学校の門をくぐりました。それから六年間、毎年進級の度に悩みましたが、ミッキーは学校が大好きで、先生が大好きで、お友達が大好きで、嬉しそうに通学しているのを見ていると、親として踏み切るとこどができずに、今日まで来てしまいました。いつも授業参観にいくと、申し訳ない思いで身を小さくして、我が子の様子を見ていました。ミッキーがいることで皆さんの学習の妨げにはならないだろうか?また、他のお母さんになんて言われるだろうと心配でした。そこには、皆さんに助けられながら、とても嬉しそうにみんなの中にいる娘がいました。

本当に六年間ご迷惑のかけどうしだったと思います。それでも心の広い保護者の皆様から、迷惑だから…などと言うことや、そんな噂さも耳にしたことはありませんでした。「いつもミッキーちゃん頑張っているね!」「○○が、できるようになったね。」とありがたい励ましのお言葉をかけて頂きました。また、ミッキーがいることで心が育ったというもったいないお言葉まで、かけて頂きました。心が育ったのはミッキーの方です。私が悩んでいる時など、決まって、「お母さんどうしたの?元気ないね。」と、声をかけてくれるのはミッキーだけでした。本当にいじめとは無縁でした。そして、まわりの皆さんが、ミッキーを暖かく育ててくださいました。

先生にも、お友達にも恵まれ、いろいろなことができるようになりました。何もわからない一年生でしたが、一人で通学できるようになったこと、一番驚いたのは二年生で九九を全部覚えたこと。発表会では、合奏の指揮をさせてもらったこと。高学年では、がんばりノートや、ファイトノートを作っていただき何冊にもなったこと。宿泊学習では登山ができたこと。そして笛が吹けるようになって、鼓笛隊パレードに参加できたこと。運動会で騎馬戦に出たり、みんなと走ることができたこと。もっともっとたくさんあります。どうせできないのだからと諦めがちで努力の足りない母親の私でしたが、ミッキーが何かできるようになることで、いつも励まされてきたように思います。すばらしい先生方。優しい、お友達に恵まれて、ミッキーにとって一生のかけがえのない宝物になりました。今ここに、皆さんと一緒に卒業を迎えることができますこと、本当にありがたい思いでいっぱいです。これも、保護者の皆様の愛情とご理解の御陰と深く感謝しております。

これから、ミッキーは皆さんと違う道を行くことになりますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。末筆になりましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げ、お礼の言葉とさせていただきます。

ミッキーは小さい頃から、とても優しい子でした。大人が喧嘩したり、怒鳴っている声を聞くのが大嫌いで、自分が叱られている訳でもないのに、涙をいっぱいためていました。平和が大好き、のんびりゆったり、音楽大好きの癒し系です。母が落ち込んでいる時など、真っ先に気づき、さりげなく「お母さんどうしたの?元気ないね?」と見透かされてしまいます。昔は、どうしてこんな子どもが生まれたのだろうとか?健常に生んであげなくてごめんねって、ばかり思っていたけれど…。今は違います。この子はの私のところにある使命を持って、生まれてきたのだろうと思っています。そして、それは私自身が生まれる前に自分で決めてきたのだと…(宗教ではありません。今度その考え方の元になった本を紹介します。)子ども時代から独身時代までのほほんと過ごしてきた自分が少しは強くなり、今の自分があるのだと…。思えるようになりました。

今日、「ミッキーの幸せってなにかな~」と聞いてみたら、「う~ん、一言じゃ言えないけど、家族と一緒にいることかな~。」って、「じゃ~、寮に入ってること辛くない?」「お友達がたくさんいるから、大丈夫楽しいよ」って、言ってました。

I love ミッキー。ミッキーマウスが大好き。氷川きよしが大、大、大好きのミッキーをこれからもよろしく!!

|

« 旅行のパンフレット | トップページ | 大好きな詩 »

コメント

こんばんわは、夜更かし△イチです。
ミッキーちゃん元気にしていますか?子供は一人しかいないんで、なおさんのとこ想像なかなかできませんが、いろいろ大変な分、喜びも大きいのではないかと思っています。
なんかなおさん立派に見えて、こっちはなんだかなぁ、の気分です。先生して、妻して、母して、ブログして、パワーありますね。

投稿: △イチおじさん | 2006年5月 4日 (木) 03時32分

なおさん☆
こんばんは(おはようございます?笑)^^
毎回ご家族の話に感動し、涙を流す私です(T▽T)
ミッキーちゃん、きよしくんファンなのですね!!
うふふ、趣味が合います~^^
私はそんなにすっごいファンでもないですけど、もうずっと長いことほんわかときよしくんが好きです(中途半端なファンですみません・・^^;)
5人。確かにちょっとびっくりする数字ですが、引いたりしないですよぅ(^▽^)
私は三人きょうだいですが、祖父母やおばと一緒でしたので8人家族で育った子なんですよ。にぎやかでいいですよね♪
長くなってすみません,最後に・・・。
>宗教ではありません、
の注釈に、涙も止まるほど笑ってしまいました。(笑)

投稿: ふぉんだんしょこら | 2006年5月 4日 (木) 04時04分

△イチおじさんへ
ついに書いちゃいましたよって、
立派だなんてないですよ。
今日はそんな褒めたりして…。
先生して、妻して、母して、ブログして、いねむりするダメおばさんですから。
人様に迷惑かけないようにしま~すよ。

投稿: なお→△イチおじさん | 2006年5月 4日 (木) 05時24分

ふぉんだんしょこらさんへ
なが~いのに、読んでいただきありがとうございます。
それから、どん引かないでくださって、ありがとう×2デス。
私は自分が一人っ子だから、兄姉多いって宝だな~って思います。
羨ましいですもの…
そうなの、何となく一人っ子って、イメージ悪いでしょう。
私ってそういう子だったと思います。
だから、我が子を見てると、親はダメでもワイワイ言いながら、楽しそうに育ってる子ども達は何とかなるって思います。
しょこらさんところみたいな浪速の明るい大家族、憧れです~。

投稿: なお→ふぉんだんしょこらさん | 2006年5月 4日 (木) 05時33分

なおさん、お早うございます!
読ませていただいて感動しました。
私も後天的一人っ子ですのできょうだいはうらやましいです!^^でもこうやってネットを通しても素晴らしい・敬愛するお友達と出会えて幸せです。^^
素晴らしいお話を有難うございます!;;

投稿: うかっちょ | 2006年5月 4日 (木) 08時09分

なおさんこんばんは。

ちょっと涙がとまらなくて…
ねぇ、なおさん、
こどもって、親を選んで生まれてくるのですって。
こどもの事でとても悩んでいる時に友人がそんな話をしてくれました。

仕事で障害自立支援の介護をしている時に本当にそうなんだなぁといつも思っています。
知的障害の方も一人担当してますが、行く度に優しい気持ちになれるんですよ。彼女から教わる事はとても多いですし、もっと携わりたいと心から思っている今日この頃です。

あいらぶみっきー ,too☆

投稿: こぱん | 2006年5月 4日 (木) 20時29分

なおさん今晩は。
私は子供に恵まれませんでした。子供大好きの私が!(笑)
「愛」は暫くの間、私達夫婦の息子になってくれます。小さい命、大切です。
私の姪の子供に、「エンジェル症候群」の子がいます。育てるのは大変で、ようやく歩けたと、兄嫁が毎週助っ人に行きます。
ミッキーちゃんは運動会も、吹奏楽も出来る。楽しみも多いですね!頑張ってください。
どんな障害があっても、人生大切です。頂いた命です。楽しんでください。
また拝見します。

投稿: 橋本衛 | 2006年5月 4日 (木) 21時29分

うかっちょさんへ
すばらしいお話と言っていただいて、ひたすら恐縮しています。
私の日常なんて、なんか情けないものなんです…。
毎日綱渡り的に過ぎていきますから。(笑)
まさに笑いあり、涙ありの人生ですよ。

投稿: なお→うかっちょさん | 2006年5月 5日 (金) 00時46分

こぱんさんへ
素敵なコメントありがとう。
私、前は自分がこんな人生歩むなんて思っても見なかった。
でも、ミッキーやモモがいることで、今の私があるのだから、昔の私より、今の私の方がずっと好きです。
そう、昔は「泣き虫なお」でしたから…。
子どもは親を選んで生まれてくる本当にその通りだと思います。
選んでくれてありがとう!!デスよね。

投稿: なお→こぱんさん | 2006年5月 5日 (金) 02時41分

橋本衛さまへ
そうでしたか。お子さん好きなのに…。
愛ちゃんは大切な家族、そしてかわいい息子さんなんですね。
どんな子供であれ、私たちを選んで来てくれた子供達ですもの、かけがえのない大切な命です。全力で守って行きます。
でも、昔はこんなに強くはなかったのですよ。
むしろ純粋な子供達によって、心清められ、癒され、少しは私も成長できたなかって思います。
心配もあるけど、いつも「どうにかなる」って思っています。だって、起きてもいないこと心配してたら身が持ちませんから…(笑)

投稿: なお→橋本衛さま | 2006年5月 5日 (金) 02時52分

なおさん、お話を読ませていただきました。
ゆっくり感想を書きたいのですが…子供にパソコンを奪われ(書きかけなのに消されてしまいました!)ました。
また、夜、お邪魔しますね。どうもすみません。

投稿: さつき→なおさん | 2006年5月 5日 (金) 09時56分

なおさん

ミッキーちゃんの優しさと、なおさんのミッキーちゃんをおもうその気持ちが、なおさんの文章を通して、心に流れてくるようでした。

なおさんの心の変化ににすぐ気づくミッキーちゃん。きっと(私の推測ですが、すみません)、自分の心の中でも色々うずまくものがあるからこそ、敏感に人の様子の変化を感じ取れるんでしょうね。
でもそれを優しさでおおって、周りをもプラスにできるミッキーちゃんは本当に尊敬します。

投稿: メイ | 2006年5月 5日 (金) 21時38分

なおさん、こんばんは。
連休中はゆっくりとPCを独占できずコメントが遅くなりました。ごめんなさいねーー。

なおさんとラッセルさんには5人の宝物がいるんですね~♪
ステキです。今の世の中、子供を多く持つことがどれだけ贅沢なことか!!
えっと・・・ちなみに私の主人も5人きょうだいですぅー。

ミッキーちゃんもモモちゃんもみんなの愛情をいっぱいもらって、それと同じようにみんなも二人からたくさんの幸せをもらってるんですもんね。一度会ってみたいな~♪
きっと二人ともいや、なおさんのお子さん5人ともみんな可愛いんだろうな~と思いますよ!!

5人のお子さんはラッセル君、なおさん夫婦を自分の親と決めて、選んで生まれてきたと思っています。
神様の横に立って「この人にする!」って指差すんだそうですよ!!(これも宗教ではありません・笑)

投稿: wビンゴ | 2006年5月 5日 (金) 21時53分

なおさん、こんばんは!
ミッキーちゃんとなおさんのお話…障害の種類は違っても、障害がわかった時の親の気持ちなど、共感できる部分も多く、心にしみました。

>いないことにしている自分に…
ブログという不特定多数の方が読む媒体なので、どこまで書くといいのか、難しいですよね。
私も、息子のことをまったく書かないで、好きなことのみを書こう…と思いつつ、
子供達が中心の毎日の生活なので、結局、少しずつ書いています。

お子さんが多いと、食事や洗濯も我が家とは違う量でしょうし、学校行事も当然たくさんあるでしょう。
そして、障害のあるお子さんの治療や療育の日程とほかのごきょうだいのお世話とのやりくり…なおさんはお仕事もされているので、ここまで、とてもお忙しい毎日だったでしょうね。
モモちゃんのお話も以前伺ってましたし、なおさんたちご家族みんなで、力をあわせて乗り切って来られたんですね。
すごく頑張ってこられたんですね。

障害の程度が重度・中度・軽度と分けられるけど、
「軽い=生活が楽・苦労が少ない」というわけではないと、周りのお子さんや親御さんと接してわかるようになりました。

重度のうちの息子のように、目を離すと駆け出して、車にはねられる…ということはなくても、
普通級で、健常児の中でやっていく大変さ(もちろんメリットも大きいのですが)、
自分がほかの子と違うのに気づくかもしれないという点、
福祉政策がIQによるところがまだ大きくて、福祉サービスを受けにくい点…など、
悩みや苦労の多さは、障害の種類や、重い・軽いには関係ないと思います。

ミッキーさんは、先生や普通級のお友達に恵まれて、本当によかったですね。
それでも、周りへの気遣いなど、なおさんのご心配も大変だったろうと思います。
小学校卒業の時のお手紙…ミッキーさんの楽しそうな笑顔が見えるようで、感動しました。本当によかった…。

4月からの新しい生活も、
>お友達がたくさんいるから、大丈夫楽しいよ…って、少し安心ですね。
親元を離れる…ミッキーさんにとっても冒険だけど、それ以上に、なおさんたちご夫婦にとって、大きな決断だったんではないでしょうか?
ミッキーさんのこれからの学校生活・寮生活が、楽しく素晴らしいものでありますように…応援しています。

とりとめのない文章になってしまいました。どうもすみません!

投稿: さつき | 2006年5月 5日 (金) 23時45分

wビンゴさんへ
胸のつかえが取れました。ずっとごまかしてる自分が嫌で…。
そうそう、5人の母ちゃんです。
もうちょっと、そこんところ自信を持たなくちゃでした。
しかも色々あるしびっくりでしょう!!
でもね~。私、前にも書いたかもしれないけど、
不幸じゃないって思ってますよ。
宝物いっぱいですから。
そうか~。神様の横に立って、この人にするって指さすんだ~。
いい言葉もらいました。
ありがとうございます。

投稿: なお→wビンゴさん | 2006年5月 6日 (土) 01時51分

メイさんへ
あんな長いところ読んでいただき、ありがとうございます。
親になるってたいへんだけど、いいとともいっぱい。最近は楽しませてもらってると思うようになりました。
きっと、メイさん、将来、素敵なママになれそう!!

投稿: なお→メイさん | 2006年5月 6日 (土) 01時55分

さつきさんへ
コメントありがとうございました。
最近ずっと、このこと引っかかってました。14日までには何とかしなくちゃって思ってましたから…。
それに、とってもミッキーに失礼ですよね。私、胸はって言ってあげてないんですもの。
だから、ホントすっきりしました。
さつきさんのコメントはとっても嬉しいです。心の底からわかりあえる友だと思いました。これからもよろしくお願いします。たまに弱気になるかもなので…その時は愚痴聞いて励ましてくださいね~。さつきさんも重たい時は吐き出してね~。もちろん私も聞きますよ~。

投稿: なお→さつきさん | 2006年5月 6日 (土) 02時14分

遅れてきたみやびです。
なおさん、5人のお母さんなのですね。
すごいです。私が時々英語を教えに行くお宅も
お子さん4人ですが、お母さんは大変そうです。でも皆仲良くて素敵なご家族です。
なおさんのご家族と重なります。
ミッキーさん、とても素敵なお子さんですね。
私は諸事情で、子供がいないんですけど、私もいつか親になることがあったら、たとえ障害を持って生まれてきても、精一杯愛そうと思っています。なおさんのように、立派なお母さんになりたいです。ミッキーさんのこと、記事にしてくださってありがとうございました。読ませていただいて感謝です。ミッキーさんが今後ますます素敵な女性に成長されますように。

投稿: みやび | 2006年5月 7日 (日) 23時56分

みやびさんへ
ミッキーの記事読んでくれてありがとう。
前にみやびさんがたいがさんのところで
書いてらしたのを、私見てました。
例え、障害を持った子供でもほしいと言う様な内容でしたよね。
(間違っていたら、ごめんなさい。)
感動しましたよ。
なかなか言えることでは、ないです。
私はとても嬉しかったです。
どんな子供でも生まれてくれたらやっぱりかわいい。
自分にとって必要な子供だったのだと思いますもの。

投稿: なお→みやびさん | 2006年5月 8日 (月) 02時03分

確かに5人のお子さんにはびっくりしました。
ΣΣ(゚Д゚;)

・・・しかしどん引きしたりしませんよ。(笑)
むしろ羨ましく思っております。

5人のお子さんを育てつつ、お仕事もされているなんて・・・
本当にお母さんとして尊敬します。

ミッキーちゃん、人の気持ちにとても敏感な優しいお子さんのようですね。
きっと彼女の人柄がみんなを優しくさせているんですよ。
寮生活。親としても少々寂しいでしょうが、
きっと卒業する頃にはもう一皮向けて大人に近づいたミッキーちゃんになるんでしょうね。


余談ですが、仕事中こっそり・・・読んで思わず涙が。少々大変でした。(笑)

投稿: 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま | 2006年5月 9日 (火) 15時54分

■なおさん
こんにちは、超・カメレスでゴメンナサイ。
お子さんが多くてドン引きっていうのはないですよ~。
そういう発想自体したことがないんで、ご安心くださいませv

やっぱ人数が多い方が楽しいでしょうねぇ。
うちはまだ結婚もしてないし、いろいろあって子供も今後作れるかどうか分からないんで、家族の話題とかが沢山出てくるのは羨ましいなあって思いますよ(^^

>何もかも本当のことを書いてしまって、後で後悔することにならないかな~っていう恐れもあって

公開してるだけあって、いろいろ難しい点はありますよね。
私も結構書き分けてるかもしれません(^^ゞ
秘密のベールに包まれてるって思ってくださいませ~v(←そんないいもんじゃないけど/笑)

ま、冗談はさておき。
ミッキーちゃんのお話、胸の奥がツンと来ましたよ。
いい子だな~~って本当に思いました。
そういうお子さんをお持ちの親御さんの気持ちは本当には理解できてないと思うから、失礼があったらゴメンナサイね。(と前置きします)

多少歩みが遅かったとしても、やっぱりね~人間って「心のあり方が一番」なんじゃないかと思うんですよ。
すんごく頭が切れて優秀な人であっても、それを鼻にかけて人を小馬鹿にするような人って大嫌いですもん。
それよりは、人の痛みの分かる、優しい人の方が私は好きですよ(^^
小学校の時とかみんながミッキーちゃんに優しくしてくれたっていうのは、やっぱり彼女自身が優しくて、みんなに愛情を返すことができるお子さんだったからなんだろうなあって思いますよv

ああ、いいわあ~。私もミッキーちゃんのファンになりそうですよん。

投稿: RAU | 2006年5月13日 (土) 14時29分

しまさんへ
お返事するのが遅くなり、ごめんなさい。
そして、この記事に優しいコメントありがとう。
ミッキーのことしらんぷりして、
このままブログ続けることもできたんだけど、
なんかあまりにも、都合の良い自分が見えて、嫌になっちゃいました。ごめんね。ミッキーって…
ここに書いたことで、かえってすっきりしたのデスよ、私。
そしてこれを読んで涙してくれたしまさんて、本当に優しい方ですね。それも嬉しかった。素敵な涙をありがとう。
これから頑張る糧にします。

投稿: なお→しまさんへ | 2006年5月20日 (土) 16時53分

RAUさんへ
この記事にコメント書いてくれて、ありがとう。自分をさらすのも恐かったけれど、ミッキーこんなに良い子なのに、いないことにしてる自分が恥ずかしかった。彼女を否定してるみたいで…。
どんな子であれ、やぱっぱり我が子、それだけでもかわいいのだけれど、人並みでないのが不憫でした。
でも最近はそう思わない様にして、ミッキーがいることで、たくさん良いことや幸せがあることに感謝しています。
お子さんのいらっしゃらないRAUさんが、とっても気持ちのこもった素敵なコメントしてくださったことが嬉しいデスよ。
本当にありがとう。いろいろあって、時に前向きじゃなくなる自分もいますが、そんな時このコメントを読み返したいと思います。

投稿: なお→RAUさん | 2006年5月20日 (土) 17時04分

杉本と申します。私もウィリアムズ症候群の子どもがいます。たまたまなおさんのブログの「I love ミッキー」を読ませていただきました。心温まるお話で、同じお子さんをおもちの他のご家族にも呼んでいただきたいと思いました。ウィリアムズ症候群に関するホームページを作成しています。このページから「I love ミッキー」にリンクを晴らせていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿: 杉本 | 2006年8月30日 (水) 23時47分

こんにちはー私もウイリアムスです私も自分がおこられてないのに泣くときがあります私もそうゆうのわ嫌いです姉が怒られてるとき泣いたことがあります^_^;

投稿: 藍香 | 2006年10月 9日 (月) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40726/1667544

この記事へのトラックバック一覧です: I love ミッキー:

« 旅行のパンフレット | トップページ | 大好きな詩 »