« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

すぐれもの…

先日、ホットカーペットを買いました。

これまで我が家にはホットカーペットはありませんでした。

なんか、あまり必要性を感じていないというか…

床だけが暖かくても、暖房機は必要だし…

どうせ、たいして暖かくなんて無いだろうと、

ちょっとばかり甘く見ておりました。

ところがどっこい、これがすぐれもの

続きを読む "すぐれもの…"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

ようやく…

モモがお家に帰れました。

約一週間の入院、肺炎だったけどたいしたことなくて良かった。

今までの中で一番短い入院でした。

昨年こそ一年空いたものの…

街中で、クリスマスの飾り付けがされて、

イルミネーションが綺麗で、クリスマスソングが流れ、

幸せそうな家族の姿がたくさん見られる頃、

いつもモモは病院にいました。

そして、もう8年にもなるけれど、長男が思いもかけない

病気になり一年近く入院することになったのも、

今の季節。

思えば、モモが産まれる前からそうだった。

この頃いつも誰かが入院してる…

病院とは縁のない幸せそうな家族を

まるで、「マッチ売りの少女」のように

羨ましい思いでながめながら、足早に病院に向かう日々。

幸せな人は、自分が幸せだって、気づかないんだね~

なんて、横目で見ながら…

人並みのクリスマスがしてみたい…

って、いつも思ってました。

「クリスマスケーキは予約したの?」

夫が聞きます!

夫もいつも同じ思いでいたせいか、

せめて人並みのクリスマスがしてみたい…

と、せつに思うのでしょう!

なんか哀れな話になりましたが…

健康が何より…

今年は我が家でクリスマスができるね!

明日はツリーを出したり、リースを飾ることにしようっと…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

魔の11月

またまた、入院患者が出ました。

今度は一番下のモモ。

先週の土曜日から38度台の熱を出し、調子が悪かったモモ。

元気はあったのだけど、火曜日の夜から40度以上の熱になり、

全く元気がなくなって、木曜日(昨日)に入院しました。

その間、2回も大学病院に行っていたのだけど、

ただの風邪と言うことで帰されて、

3回目、ぐったりしているし何か違うから検査して下さい。

と、お願いして、ようやく肺炎になっていることが分かりました。

続きを読む "魔の11月"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

給食そのー2ー

先日の給食、鎌倉丼どんなだったか書くのが遅くなりました。

じゃんじゃ~ん、実はエビ天の入った卵とじ丼でした。

Photo_9 写真の取り方が上手じゃないので…

今一つなのですが、こんな感じでした。

エビ天が入ってて美味しかったですよ~

他の日ですが、リクエストメニューで「ステーキ」ってあったので、

カメラを用意して食堂にいくと、

Yakiniku 立派な焼き肉でした。しかも豚だし…

まあ。350円じゃステーキは無理よね!!

でもどうでしょうか?うちの給食

まあまあだと思いません?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

感動!!!

7月に予約しておいた山本耕史くんの演劇が11月4日にありました。

予約をした頃は、11月がこんなに忙しい月になろうとは思っても

みなかったのですが、行事で忙しかったり、長女が実習に行くこと

になったり、第一長男が入院するなんて想定外だったもので、

どうしよう???行けるかしら??の半信半疑

夫のラッ君にも言い出せずにおりました。

いよいよ近づく講演の日。

行けない時は仕方ない、そういうことだってあるさ~~

やや開きなおっていました。

前日まで、何の予約もしてなかったのですが、

どうやら長男も4日に退院して良いという許可がおり、

ラッ君から私に行って良いと許可もおり、

日帰りのとんぼ返りで出かけることにしました。

いつもなら、せっかく東京に行くのだから、あそこに行って、

あれを見て、あの人に会って、と欲張りになってしまう私なのですが、

今回はとてもじゃないけど、そんなことはできません。

とりあえず、滞在時間6時間で、愛しの耕史君の舞台を見てきました。

続きを読む "感動!!!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

ほっと、一息

長男が突然入院してからというもの、毎日慌ただしい日々でした。

それでなくてもいつもアップアップ状態なのに…

入院患者が出てしまうと、やはり忙しくなります。

その上いつも頼りになる長女が、10日間も泊まり込みの施設

実習が始まり家にいないので、なおさらでした。

いつもいかに長女をあてにしているか…、と言うことで。

今回は高校生の長男だから、一人にしておいても大丈夫だったのが救い。

これがモモだったら24時間付き添いをしなければなりませんから…

それでもね~、高校生と言っても、長男も家族が来るのを一日待っていたようでした

長男は思ったより症状が軽く、内視鏡での手術もすることがなくなり、

ほっと一安心です。

それにしても、先日の記事「やっぱり…」にはたくさんの暖かいコメントを、

頂き本当にありがとうございました。

そんな訳で、なかなか皆様のブログにおじゃまできずにおりました。

本当にすみません。

今後、ゆっくりおじゃましたいと思います。

| | コメント (6)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »