« ゲット! | トップページ | 小さな温もり »

2007年7月 6日 (金)

心温まる出来事

7月に入りました。嗚呼!学期末。

今週も過酷な一週間です。

月曜日は診断書を書いてもらうために戻ってきた、ミッキーと病院に行き、職場に戻り仕事が終わってから他県の寮まで送り届け、戻ってきたのは10時過ぎ…さすがに自分の運転では月曜から疲れ果ててしまうので、高速バスで行ったのですが、やっぱり疲れた…

火曜日は職場にお偉い方々の訪問があり何かと忙しく、水曜日は校外学習で児童を引率しながら雨の中、隣の市まで行ってきて、さすがに夜は夕食後疲労困憊で眠ってしまいました。

夏休みまであと少しと言うところまで来たけれど、ここからが正念場です。嗚呼、毎年同じじゃないか…

と、ぼやきばかりではつまりませんね~~。

ミッキーを送っていた時のこと、とても心温まる出来事がありました。月曜日は一日雨だったこともあり、自分の運転ではなく高速バスに乗りました。その後駅から学校の寮まで、タクシーに乗ろうかな?とも思ったのですが…「甘くするな」ともう一人の私…。バス停から寮は近いのだからと思いなおし、市内バスで行くことにしました。バス停に行くとちょうど止まっているバスが…「良かった。ぴったりじゃない!」なんて喜んで乗ったのですが、「あれ、もしかしてこれ違うバス!!」と気付いたのはだいぶ経ってから…何しろ日頃あまりバスは使わないので、間違えちゃった!ミッキーに聞くと「そうだよ。これは学校に行くバス。寮のは違うよ!」だったら乗る前に教えればよいものを、本人も乗ってから気付いたのですね。学校と寮は歩いて10分くらい!だからそうたいした距離じゃないのですが、そこは雨の中…かなり雨脚も強いし…やっぱり降りて違うバスに乗り換えよう!!と降りようとしたところ、運転手さんが「もしかして間違えたのですか?どちらに行かれるのでしょう?」聞いてきました。(二人の会話が聞こえていたのでしょう)

「○○までです。」と答えると、「それではここで降りてもそちらに行くバスは来ませんから、むしろこのバスの△△で降りれば、バス停ひとつ分くらい歩くと○○ですよ。」と教えてくれました。良かった降りなくて!!そして△△のバス停まで行くと「ここですよ。どうします。歩いて行かれます!」と聞かれました。そこは終点の二つ前なので私たちの他、乗客はお一人でした。「はいバス停一つくらいなら歩きます。」と答えると、「ではもう少し先の曲道のところで停めましょう。バス停ではないですが、そこならすぐですから…間違われたのだからいいですよ!」と言ってくださいました。そして曲道(もう寮が見えるところです。)降ろして頂きました。「雨で滑るので気をつけて…」なんていい運転手さんなんでしょう!雨は土砂降りでしたが、心はとても暖かくなりました。

もし、降りようとしたバス停で降りてしまったらどうなっていたか?待ってもそこには本来のバスは来ないし、この雨じゃタクシーだって拾えたかどうか?寮に着くやいなや寮母の先生にお話ししました。こんな雨の中タクシーを使わない母は鬼かな?って思ったけど、そのお陰で、こんな心優しき運転手さんとの出会いあったのですものね。

長くなりました、読んで下さってありがとう!!

|

« ゲット! | トップページ | 小さな温もり »

コメント

良いお話ですね。
ニュースでマナーの悪い運転手さんのはなしとか聞いていたので、
なんだか嬉しくなりました。

雨の日のこんな出会いなら大歓迎ですね。

投稿: しま | 2007年7月 7日 (土) 02時40分

一隅を照らす運転手さんの優しさ、こういう灯りって広がっていくのですよね。
私も一期一会で出会った人に優しくしなくては・・って教えてもらった気持ちです。
素敵なエピソードを有難うございました!

投稿: うかっちょ | 2007年7月 8日 (日) 00時40分

良い話を聞くと嬉しくなりますね。
そして、その時の情景も浮かんでくる様な…
そして、なおさんの笑顔も。

投稿: ヒロ | 2007年7月 8日 (日) 17時44分

あぁ…大変な1週間でしたね!
なおさん、お疲れ様でした。
一学期が終わるのは…あと2週間と少しでしょうか?
遠くから、応援しています!!

どしゃぶりの中での運転手さん。
本当にありがたいですね。
天候が悪かったり、
重い子どもを抱っこして、片手は多動の子の手を離さぬよう、しっかり握っていたり…
(手が離れる=命の危険だった頃なので)

私も、お出かけのときは、周りのヒトの親切が
本当に胸にしみました。
私の場合、息子がいなかったら、わからなかった大変さ、
それと同時に、息子と一緒じゃないと、気がつかなかった、
ありがたさ…もたくさんあります。
それに対して、どんな風に恩返しできるのかな?
自分はそんなふうに手を差し伸べることができるのかな?
…とも、思います。
反省文になってしまい、すみません!

投稿: さつき | 2007年7月10日 (火) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲット! | トップページ | 小さな温もり »