« モンスター | トップページ | 憧れのハワイアン »

2007年11月 1日 (木)

将来の夢

高一マリンの将来の夢は「教師になること」

忙しく毎日を送り、あんまりい良い母ではないと自覚してるけれど、

そんな共働きの私達を見てきて、それでも「教師になりたい」

そう言ってくれるのはきょうだい(兄姉)の中でマリンだけです。

親の職業を否定せず、自分の将来の夢と言ってくれていることは

とても嬉しいことでありました。

ところが、最近どうなんだろうって、思います。

先日マリンの同級生のお母さんから、お兄ちゃんが教員養成系の大学に入っているとお聞きして、「優秀でうらやましいわ~~!」とお話ししたら、「でも、教員になるってたいへんじゃないかしら…?」逆に「お仕事たいへんじゃないですか?」と聞かれてしまいました。

教員養成系の大学を出たから必ずしも教員にならばければならないとか、教員になる、なれるということではないのだけれど…

そのお母さんの口調では「教員になる」と言うこと自体あまり歓迎されていないご様子

もう決して「教員は良い職業だ」なんて進められる時代じゃなくなってきたのだな~と思いました。

マリンが中3で将来の職業欄に教員・カウンセラーと書いていたのを見て、「どちらもストレスの多い仕事だな~~~」「あんた、子どもに本当に教員は良い仕事だと、言えるかね~~~??将来なって欲しいと思う??」と言っていたのは夫のラッくん。

「確かに…」と頷いた私でした。

今の時代、そしてこれから…

学校は?教員は?どうなっていくのでしょう!と、私が騒いでも何にもならないんですが…

先日のTVである学者の方が大量消費時代に入り、「学校もサービス業になってきてしまっている。」とおっしゃっていました。お金を出してサービスを提供してもらうのだから、文句があれば何でも言う。(義務教育の場合、基本的には授業料が無料なのですがね…)

給食費は払わない。学級費や教材費すら払わない。

払えない訳ではなく払わないっていったいどういうことなんでしょう??

「それなら、教育はすべて私学でやってもらえば良いんじゃないか!!私学の場合子どもも選べる訳だし…うちの教育方針が気に入らないならよそに行って下さい!って、言える訳だし…」あくまで過激にラッくんはそう言っていましたが、今さら義務教育がなくなるなんてことはあり得ない。

先日のTV番組をマリンと一緒に見ました。

「あなたが、なりたがっている教員の現状ってこうなのよ!お父さんやお母さん見てても分かると思うけどストレスも多いし…」

まあ、それ以上は言いませんでしたが、

「でも私は金八先生みたいな先生になりたいよ~~」

そう来たか~~~  (あくまでお母さんみたいな先生ではない訳で…)

頑張れ~~~マリン。(孫の面倒はみてやるよ~~~~)

道は険しいかもしれないけど、やりがいはあるはず…

あなたが描く理想の教師像を目指して頑張っておくれ~~~~

|

« モンスター | トップページ | 憧れのハワイアン »

コメント

マリンちゃんの夢、応援してあげたいですね。
確かに今の世の中、教師というものが大変なものなのか
本人が自覚さえしていればいいのではないでしょうか?
実は私も昔は中学校の数学か理科の先生になりたかったんですよ。
一対多になった時平等に冷静に対処する自信が無かったので、
大学進学の頃には諦めましたが。(笑)

今の世の中、どんな職業でもそれなりに大変だと思います。
昨年は大企業にいましたが、精神的に辛いのか
鬱で休職の方がいらっしゃったりしたし・・・。
私から言えばそれくらいで参っているようじゃ
中小企業で顧客にめちゃくちゃ言われた時どうするんだ?
徹夜で何日も会社に居たらもうだめなんじゃ?
などと余計な事を思っていましたが。(^o^;

マリンちゃんの夢、この先も変わることなく持ち続けて欲しいです。

投稿: しま | 2007年11月 2日 (金) 09時04分

先生のストレスってハンパない気がします。
そして学校ってなかなかに特別な職場な気がするし・・・。
私は結局教員になれなくって、免許取得や実習、PTA副会長をやっていた時などにのぞいてるだけの存在だけど、先生の要求されることが以前より大きくなっているのはとっても感じます。
実際ウツっぽいな、と感じる先生もいらっしゃったし、辞めていく先生もいらっしゃったし・・・。

でも得られるものも多い職業だと思います!
ぜひ夢を実現させて欲しいですね!^^

私も大きな(笑)忘れっぽい(笑)生徒達と毎日格闘していますが、教えられることもい~~っぱいで充実してます♪

投稿: うかっちょ | 2007年11月 3日 (土) 22時08分

なおさん、こんばんは!
「金八先生」といいつつも、
ご両親が情熱を傾けて、お仕事をされているお姿に、
深く感じ入るところがあるんだと思います。

私もいろいろあった時期もありましたが、
いま息子が通っている学校では、先生方はとても熱心に向き合っていただいてますし、
娘の担任の先生も、
「これぞ小1の先生!小学校生活にふさわしいスタートを切れた」と、
参観日にほっとしました。
どちらの先生方に対しても、心から感謝しています。

昔と違って、いろんな親もいるし、
ご家庭の事情もさまざまで、
先生方は大変でしょうね。

このご時代に、マリンちゃんのように、
「先生になりたい」と思ってくださる若い方々が、
いらっしゃるのは、とても嬉しいです。

マリンちゃんが、先生になることができますように!
そして、長く続けることができ、
さらにステップアップできるような、
若い方々をフォローできる制度や空気がありますように…!

投稿: さつき | 2007年11月 3日 (土) 22時15分

しまさん、いつも来てくださってありがとうございます。お返事遅れてごめんなさい。
しまさんのコメント読んで、本当にそうだな~~と思いした。
世に言う大企業でも鬱になっている人はたくさんいる訳だし…。今の中どんな職業だってたいへんですよね!
しまさんも教員考えてましたか?
せっかく描いている夢ですものね!あんまり一部の現実ばかり見せて落胆させないようにしなければ…
親として、できるだけサポートしてあげたいと思いました。

投稿: なお→しまさんへ | 2007年11月15日 (木) 00時10分

うかっちょさんへ、
いつもコメントありがとうございます。
お返事遅れてごめんなさい。
うかっちょさんは教員に向いてらしたんじゃないかと思います。
高校なんかでは、きっと人気の先生だったと思うな~~
どこの職場もそうでしょうが、やはり子どもを教育するというのは、責任もあるし、ストレスも多い職業だと思います。マリンもいろいろと分かってはいるけれど、自分の夢には積極的!このまま夢を持ち続けて、頑張ってほしいな~~と思います。

投稿: なお→うかっちょさんへ | 2007年11月15日 (木) 00時20分

さつきさんへ
いつもコメント頂きありがとうございます。
なんか皆さんの記事読むまで、自分の視点でしかものを考えていなかった。と反省しています。
>先生って得られるものも多い職業だと思います!
ぜひ夢を実現させて欲しいですね
本当にその通り、
親としてできるがぎりのサポートをしてあげたいと思いました。

投稿: なお→さつきさんへ | 2007年11月15日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モンスター | トップページ | 憧れのハワイアン »